コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【淵】[漢字項目]

人名用漢字] [音]エン(呉)(漢) [訓]ふち
水を深くたたえている所。「海淵深淵
物事の出てくる根源。「淵源
物の多く集まる所。「淵藪(えんそう)
[補説]「渊」「渕」は俗字。
[名のり]すえ・すけ・なみ・のぶ・ひろ・ふか・ふかし
[難読]淵(どぶ)釣り

ふち【×淵/×潭】

底が深く水がよどんでいる所。⇔
容易に抜け出られない苦しい境遇。苦境。「絶望の―に突き落とされる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【川】より

…蛇行は曲流ともいい,湾曲して流れる河川の平面形態が蛇が移動しているようすに似ていることから名付けられている。河川の湾曲部の外側の河岸は流水が衝突するため,削られて深くなり淵が形成される。流水は淵で向きを変え,反対側の河岸へと向かい,そこでぶつかって同様に淵を形成する。…

※「淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淵の関連キーワード賀茂真淵(かものまぶち)佐賀県佐賀市富士町上熊川佐賀県佐賀市富士町小副川鹿児島県鹿屋市下高隈町四大人(国学四大人)高知県高知市七ツ淵福島県郡山市久留米埼玉県深谷市上手計己に克ち礼に復る埼玉県熊谷市上之福島県郡山市山崎スユェンレイ八ツ淵の滝真淵・真渕殿上の淵酔高祖(唐)五節の淵酔淵河・渕河宇田栗園克己復礼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淵の関連情報