コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸内しまなみ海道 セトウチシマナミカイドウ

デジタル大辞泉の解説

せとうち‐しまなみかいどう〔‐しまなみカイダウ〕【瀬戸内しまなみ海道】

本州四国連絡橋ルートの一で、西瀬戸自動車道の愛称。広島県尾道市から、瀬戸内海因島大三島などを経て、愛媛県今治市に至る。歩行者・自転車専用道路が併設されており、徒歩や自転車、原動機付き自転車での利用もできる。しまなみ海道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

瀬戸内しまなみ海道

瀬戸大橋、神戸淡路鳴門自動車道につぐ三番目の本州四国連絡橋として1999年に開通。2006年、59.4キロの自動車専用道路全線開通した。今治―尾道間の通行料金は割引なしだと普通車で4700円。本四連絡橋で唯一、歩行者・自転車専用道が併設されている。

(2010-10-19 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

瀬戸内しまなみ海道の関連キーワード大島(愛媛県、芸予諸島)向島(広島県、旧町名)サイクリングしまなみ向島(広島県、島)因島(旧市名)上浦(愛媛県)大三島(島)広島県の島因島(島)今治(市)尾道(市)瀬戸大橋中国地方四国地方芸予諸島渡辺まい尾道大橋来島海峡伯方島生口島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸内しまなみ海道の関連情報