コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火危うし(読み)ヒアヤウシ

デジタル大辞泉の解説

火(ひ)危(あや)うし

昔、宮中などで、夜番の役人が見回りのときに発した言葉。「の用心」の意。
「あやしき男(をのこ)どもの声して、―など言ふも」〈浮舟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひあやうし【火危うし】

昔、宮廷などで夜番が見回りに歩くとき、火の元を注意するように発した語。火の用心。 「弓弦ゆづるいとつきづきしく打ち鳴らして、-といふいふ/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android