コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火危うし ヒアヤウシ

デジタル大辞泉の解説

火(ひ)危(あや)うし

昔、宮中などで、夜番の役人が見回りのときに発した言葉。「の用心」の意。
「あやしき男(をのこ)どもの声して、―など言ふも」〈浮舟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひあやうし【火危うし】

昔、宮廷などで夜番が見回りに歩くとき、火の元を注意するように発した語。火の用心。 「弓弦ゆづるいとつきづきしく打ち鳴らして、-といふいふ/源氏 夕顔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火危うしの関連キーワード火の元

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android