コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜番 ヤバン

デジタル大辞泉の解説

や‐ばん【夜番】

よばん」に同じ。

よ‐ばん【夜番】

夜のをすること。また、その人。夜警。夜回り 冬》「跫音(あしおと)の老いしと思ふ―かな/麦南」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やばん【夜番】

夜、火災や盗難の警戒のために起きていること。また、その人。よばん。

よばん【夜番】

夜、寝ずに番をすること、また、その人。
冬季、火の用心のためにする夜回り。やばん。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夜番の関連キーワード雅楽戦隊ホワイトストーンズビター・スウィート・サンバ町役人(まちやくにん)ザ・クイズショウ〈2〉ウッチャンナンチャンイカ天からえび天へベイビー・フェイスミッチー・サハラ恵比寿マスカッツ水曜どうでしょう桂文枝(6代)ルッキィ・ナパ志摩 夕起夫タモリ倶楽部ごよざごよざ岩田 ゆり志摩夕起夫土居まさるほしのあき笑福亭仁鶴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜番の関連情報