夜番(読み)よばん

精選版 日本国語大辞典「夜番」の解説

よ‐ばん【夜番】

〘名〙 夜、番をすること。また、その人。夜詰め。やばん。《季・冬》 〔羅葡日辞書(1595)〕
※洒落本・異素六帖(1757)「夜番(ヨバン) 旅館寒燈独不眠 白きをみれは夜そ更にける」

や‐ばん【夜番】

〘名〙 夜、番をすること。夜、火災や盗難などの用心のために、番をすること。また、その人。よばん。
※蔭凉軒日録‐長享元年(1487)七月二三日「毎夜不寝而皆成夜番之条。皆退屈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夜番」の解説

よ‐ばん【夜番】

夜の番をすること。また、その人。夜警夜回り 冬》跫音あしおとの老いしと思ふ―かな/麦南」
[類語]夜回り夜警寝ずの番不寝番

や‐ばん【夜番】

よばん」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android