夜番(読み)ヤバン

大辞林 第三版の解説

やばん【夜番】

夜、火災や盗難の警戒のために起きていること。また、その人。よばん。

よばん【夜番】

夜、寝ずに番をすること、また、その人。
冬季、火の用心のためにする夜回り。やばん。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐ばん【夜番】

〘名〙 、番をすること。夜、火災盗難などの用心のために、番をすること。また、その人。よばん。
※蔭凉軒日録‐長享元年(1487)七月二三日「毎夜不寝而皆成夜番之条。皆退屈」

よ‐ばん【夜番】

〘名〙 夜、番をすること。また、その人。夜詰め。やばん。《・冬》 〔羅葡日辞書(1595)〕
※洒落本・異素六帖(1757)「夜番(ヨバン) 旅館寒燈独不眠 白きをみれは夜そ更にける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜番の関連情報