コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜番 ヤバン

デジタル大辞泉の解説

や‐ばん【夜番】

よばん」に同じ。

よ‐ばん【夜番】

夜のをすること。また、その人。夜警。夜回り 冬》「跫音(あしおと)の老いしと思ふ―かな/麦南」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やばん【夜番】

夜、火災や盗難の警戒のために起きていること。また、その人。よばん。

よばん【夜番】

夜、寝ずに番をすること、また、その人。
冬季、火の用心のためにする夜回り。やばん。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜番の関連キーワード雅楽戦隊ホワイトストーンズビター・スウィート・サンバ町役人(まちやくにん)ザ・クイズショウ〈2〉ウッチャンナンチャンベイビー・フェイスイカ天からえび天へ水曜どうでしょう恵比寿マスカッツミッチー・サハラルッキィ・ナパ桂文枝(6代)志摩 夕起夫ごよざごよざタモリ倶楽部ほしのあき笑福亭仁鶴岩田 ゆり羽佐間重彰志摩夕起夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜番の関連情報