火垂るの墓(読み)ホタルノハカ

デジタル大辞泉「火垂るの墓」の解説

ほたるのはか【火垂るの墓】

野坂昭如(あきゆき)小説終戦間近の神戸市で、を亡くした兄妹が懸命に生き延びようとする姿を描く。昭和42年(1967)発表。同年「アメリカひじき」とともに第58回直木賞受賞。昭和63年(1988)、高畑勲監督によりアニメ映画化。平成17年(2005)ドラマ化。平成20年(2008)には実写映画化もされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「火垂るの墓」の解説

火垂(ほた)るの墓〔1988年アニメ映画〕

1988年公開の日本のアニメーション映画監督脚本:高畑勲、アニメーション制作:スタジオジブリ。声の出演:辰巳努、白石綾乃、志乃原良子ほか。原作野坂昭如による直木賞受賞小説。戦後食糧難の中で生きようとし、栄養失調で死んだ幼い兄妹の悲劇を描く。第6回日本アニメ大賞、第31回ブルーリボン賞特別賞受賞。

火垂(ほた)るの墓〔2008年日本映画〕

2008年公開の日本映画。監督:日向寺太郎、脚本:西岡琢也、原作:野坂昭如による直木賞受賞小説。出演:吉武怜朗、畠山彩奈、松坂慶子松田聖子、江藤潤、高橋克明ほか。第63回毎日映画コンクール女優助演賞(松坂慶子)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android