コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火垂るの墓 ホタルノハカ

デジタル大辞泉の解説

ほたるのはか【火垂るの墓】

野坂昭如(あきゆき)の小説。終戦間近の神戸市で、親を亡くした兄妹が懸命に生き延びようとする姿を描く。昭和42年(1967)発表。同年「アメリカひじき」とともに第58回直木賞受賞。昭和63年(1988)、高畑勲監督によりアニメ映画化。平成17年(2005)ドラマ化。平成20年(2008)には実写映画化もされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

火垂(ほた)るの墓

1988年公開の日本のアニメーション映画。監督・脚本:高畑勲、アニメーション制作:スタジオジブリ。声の出演:辰巳努、白石綾乃、志乃原良子ほか。原作は野坂昭如による直木賞受賞小説。戦後の食糧難の中で生きようとし、栄養失調で死んだ幼い兄妹の悲劇を描く。第6回日本アニメ大賞、第31回ブルーリボン賞特別賞受賞。

火垂(ほた)るの墓

2008年公開の日本映画。監督:日向寺太郎、脚本:西岡琢也、原作:野坂昭如による直木賞受賞小説。出演:吉武怜朗、畠山彩奈、松坂慶子松田聖子江藤潤高橋克明ほか。第63回毎日映画コンクール女優助演賞(松坂慶子)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

火垂るの墓の関連キーワード火垂るの墓を歩く会セシル コルベル本山可久子松嶋菜々子飯島大介本山由乃片岡静香谷内里早石田法嗣山中聡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火垂るの墓の関連情報