高畑勲(読み)たかはたいさお

知恵蔵miniの解説

高畑勲

アニメーション映画監督、演出家。スタジオジブリ所属。1935年10月29日、三重県生まれ。東京大学卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)に入社。同僚の宮崎駿と共にAプロダクションを経てズイヨー映像へ移籍し、テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などの演出・監督を担当する。その後、宮崎監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」のプロデューサーを務め、共にスタジオジブリの設立に参加。映画「天空の城ラピュタ」の製作に携わった後、「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」などの監督作品を発表している。長年にわたる映画界への功績が評価され、2009年にスイスのロカルノ国際映画祭で名誉豹賞を、14年にフランスのアヌシー国際アニメ映画祭で名誉クリスタル賞を受賞した。

(2014-6-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

たかはた‐いさお〔‐いさを〕【高畑勲】

[1935~2018]アニメーション作家。三重の生まれ。はじめテレビアニメを演出・監督、のちアニメ映画の脚本・監督を手がける。「風の谷のナウシカ」など、宮崎駿(はやお)監督作品のプロデュースでも知られる。監督作品は「火垂(ほた)るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高畑勲 たかはた-いさお

1935- 昭和後期-平成時代のアニメーション作家。
昭和10年10月29日生まれ。昭和34年東映動画に入社,43年「太陽の王子・ホルスの大冒険」で評価をうける。のちフリーとなってテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」などを監督,映画「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョ となりの山田くん」などを演出。プロデュース作品に宮崎駿(はやお)監督の「風の谷のナウシカ」など。平成21年ロカルノ国際映画祭名誉豹(ひょう)賞。25年14年ぶりに長編アニメ「かぐや姫の物語」を発表。26年フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で名誉功労賞。27年フランス芸術文化勲章オフィシエを受章。三重県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高畑勲の関連情報