火小屋・日小家(読み)ひごや

精選版 日本国語大辞典「火小屋・日小家」の解説

ひ‐ごや【火小屋・日小家】

〙 (別火を用いたところからいう) 女性が月経のときに籠る小屋。他屋(たや)
※雑俳・たまかしは(1849‐59)六「田舎娘・外まで屎日小家出る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android