火神(読み)かじん

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐じん クヮ‥【火神】

〘名〙
火の神
※中右記‐康和五年(1103)一一月一七日「欲火事者、毎日朝念誦之次可采無忌者、是采無忌者火性之名也、唱此三字之時火神避不来云々」
② 仏語。密教の護世八天、十方護法神王、および十二天などの一つ。胎蔵界では外金剛部東南隅に位置する。また、婆羅門四〇種の神に対し、一二種の火神を説く。火天。〔薬師七仏供養儀軌如意王経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火神の関連情報