胎蔵界(読み)たいぞうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎蔵界
たいぞうかい

金剛界 (こんごうかい) と対になり,密教における2種法門の一つ。胎蔵とはサンスクリット語 garbha-kośaの漢訳語で,一切を含蔵する意義を有し,また母胎中に男女の諸子を守り育てる意義を有している。因徳を成じて果徳に同じる蔵界を蓮華が開くことにたとえて蓮華胎蔵といい,仏の大悲が衆生を守護して育てることを,母胎が子を養育することにたとえて胞体胎蔵という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいぞう‐かい〔タイザウ‐〕【胎蔵界】

密教で説く二つの世界の一。金剛界に対して、大日如来の理性の面をいう。仏の菩提(ぼだい)心が一切を包み育成することを、母胎にたとえたもの。蓮華(れんげ)によって表象する。
胎蔵界曼荼羅(まんだら)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胎蔵界【たいぞうかい】

サンスクリット,ガルバ・ダートゥの訳。金剛界とともに密教における二つの世界の一つ。蓮華や母胎が種子を生育するように,人の仏性を育て,仏とする理法の世界。《大日経》に説く。その図示が胎蔵界曼荼羅(まんだら)。→両界曼荼羅

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいぞうかい【胎蔵界】

〘仏〙 密教で説く両部の一。大日如来を本来的な悟りである理性りしようの面から見ていう語で、理性が胎児のように慈悲に包まれてはぐくまれていることから、こう名づける。 ⇔ 金剛界

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎蔵界
たいぞうかい

『大日経(だいにちきょう)』に説かれる仏の世界で、それを図示したのが胎蔵界曼荼羅(まんだら)(詳しくは大悲胎蔵生(だいひたいぞうしょう)曼荼羅Mahkaru garbha-sabhava-maala)である。毘盧遮那(びるしゃな)仏(大日如来(にょらい))の一切(いっさい)の衆生(しゅじょう)に対する慈悲(大悲)によって、その悟りの内奥(胎蔵)から生起した(生)諸仏・諸尊の世界で、毘盧遮那仏が、その無数劫(こう)の過去世に蓄積した経験を現世に生きる衆生に対応した形に変化させ(神変)、その上に付加して(加持(かじ))、衆生に仏の真実の世界の内実(荘厳(しょうごん))としての意味づけを与えた、その総体(マンダラ)である。[津田眞一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胎蔵界の関連情報