コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火花点火機関 ひばなてんかきかんspark-ignition engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火花点火機関
ひばなてんかきかん
spark-ignition engine

燃料蒸気と空気との可燃混合気中で,点火プラグの電極間の火花放電により点火し,あとは火炎伝播により全可燃混合気を燃焼させる内燃機関。自動車用ガソリン機関が最も代表的な例である。これに対して,空気だけを圧縮して高温とし,これに燃料を噴射して,自発火燃焼させるものを圧縮点火機関 (またはディーゼル機関) という。また,火花点火機関は燃焼上シリンダあたりの行程容積は大きくできず,圧縮比や過給圧力もあまりふやせないが,回転数の制限は圧縮点火機関よりもゆるいので,一般的には小出力,高速に適している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の火花点火機関の言及

【内燃機関】より

…熱機関のサイクルは圧縮,加熱,膨張,冷却からなるが,内燃機関の場合,加熱は作動流体の燃焼,冷却はガス交換過程により行われるから,1サイクルは圧縮,燃焼,膨張およびガス交換過程となる。 内燃機関のうち作動流体として空気と燃料の混合気を利用し,これを圧縮し,火花点火して燃焼させるのが火花点火機関(ガソリンエンジンなど)で,空気をまず圧縮して高温にし,その中に燃料を噴射して着火・燃焼させるのが圧縮点火機関(ディーゼルエンジン)である。理想化された内燃機関が行う熱力学上のサイクルは,加熱(燃焼)様式により3通りある。…

※「火花点火機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火花点火機関の関連キーワードオットーサイクル機関オットーサイクルアンチノック剤ピストン機関排気タービン自動車用機関ノッキングL20ET石油機関ガソリン軽油機関気化器

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android