コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鉢屋吉右衛門 ひばちや きちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

火鉢屋吉右衛門 ひばちや-きちえもん

?-? 江戸時代後期の陶工。
京都から和泉(いずみ)大鳥郡湊(みなと)村(大阪府堺市)にうつりすみ,延宝(1673-81)のころ湊焼の土器焼き塩をつくったという。「本朝陶器攷証」によれば安政(1854-60)ごろ52,53歳であったという。姓は上田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

火鉢屋吉右衛門の関連キーワード陶工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android