コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯明台 トウミョウダイ

デジタル大辞泉の解説

とうみょう‐だい〔トウミヤウ‐〕【灯明台】

灯明をのせる台。
灯台2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯明台の言及

【灯台】より

… 近世になると,豊後の姫島や志摩の菅島に篝火が船の遭難防止のために設けられており,慶安年間(1648‐52)には江戸湾に入る航行が頻繁な相州浦賀港にも灯台が設けられ,航行の目標とされている。そのほか,摂津住吉大社の高灯楼,安芸宮島厳島神社の灯明台など,神社の灯台が有名である。これらは,本来は周辺の漁民の神前の灯明用であったものが,海岸に建てられ航行用の標識として便利であったため,むしろ船舶用の灯台としての役割が定着したものである。…

※「灯明台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灯明台の関連キーワード灯台(lighthouse)菊灯台・菊燈台高灯台・高燈台ブリジェンス幽霊(亡霊)船橋(市)灯台・燈台王丸彦四郎ザル・テペブラントン高灯台城ヶ島無尽灯菊灯台安乗崎爪木崎前芝灯明安乗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯明台の関連情報