コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素工業 たんそこうぎょうcarbon industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素工業
たんそこうぎょう
carbon industry

炭素製品を製造する産業で,窯業の一分野。欧米諸国では 19世紀末頃から 20世紀初めにかけて本格的に成立,日本ではやや遅れて発生し,第1次世界大戦に伴う輸入難を機として発展,電極,炭素棒などを生産した。第2次世界大戦後は産業界の需要の増大,高級化などの刺激を受けて発展をとげた。技術的な進歩も著しく,高純度,高密度黒鉛をはじめ炭素繊維,ロータリーエンジンのシール材用炭素製品などのほか,新しい分野の開発が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭素工業の関連情報