コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素工業 たんそこうぎょうcarbon industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素工業
たんそこうぎょう
carbon industry

炭素製品を製造する産業で,窯業の一分野。欧米諸国では 19世紀末頃から 20世紀初めにかけて本格的に成立,日本ではやや遅れて発生し,第1次世界大戦に伴う輸入難を機として発展電極,炭素棒などを生産した。第2次世界大戦後は産業界の需要の増大,高級化などの刺激を受けて発展をとげた。技術的な進歩も著しく,高純度,高密度黒鉛をはじめ炭素繊維ロータリーエンジンのシール材用炭素製品などのほか,新しい分野の開発が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

炭素工業の関連キーワードイビデン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android