炭肺(読み)たんはい

精選版 日本国語大辞典「炭肺」の解説

たん‐はい【炭肺】

〘名〙 塵肺の一種。炭素粉塵を吸入することによって起こる慢性の呼吸器疾患。臓内に炭素の粉が沈着して、慢性気管支カタルなどをひき起こす。特に、炭坑労働者などに多くみられる。蹌踉(よろけ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の炭肺の言及

【坑内粉塵】より

…鉱石や岩石の発破,掘削,運搬等によって発生した粉塵には,遊離ケイ(珪)酸のような難溶性成分を含むことが多いので,浮遊状態にあるこれらの微粒子粉塵を人が長期間にわたって吸入していると珪肺に,アスベスト(石綿)を含む場合は肺癌に,それぞれなりやすい。炭塵による肺の疾患は炭肺(たんぱい)と呼ばれるが,病状は珪肺と同じである。また浮遊炭塵は,炭塵爆発(粉塵爆発)の危険がある。…

※「炭肺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android