為川宗輔(読み)ためかわ そうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為川宗輔 ためかわ-そうすけ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
為永太郎兵衛らに師事し,大坂浜芝居の作者をつとめる。宝暦10年(1760)竹田治蔵のもとで三枚目,13年三桝大五郎座の並木永輔のもとで二枚目作者,翌年立作者となる。初代奈河七五三助(ながわ-しめすけ)と合作の「近頃河原達引(ちかごろかわらのたてひき)」がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の為川宗輔の言及

【近頃河原達引】より

…1782年(天明2)春江戸市村座,次いで85年5月大坂堀江角力場(中村粂太郎座)で歌舞伎化。大坂の折の作者は為川宗輔,筒井半二,奈河七五三助(ながわしめすけ)。以後,これも〈堀川〉の場を中心に人気の高い出し物となっている。…

※「為川宗輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android