コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近頃河原達引 ちかごろかわらのたてひき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近頃河原達引
ちかごろかわらのたてひき

浄瑠璃。世話物。3巻。為川宗輔奈河七五三助 (ながわしめすけ) らの合作。天明2 (1782) 年春,江戸外記座初演といわれる。元禄 16 (1703) 年に起きた,おしゅん庄兵衛 (劇中ではおしゅん伝兵衛) の心中事件に,元文3 (38) 年に四条河原で起きた公家侍と所司代家来のけんかと,親孝行な猿廻しが表彰を受けた話題をからませ脚色。猿廻し与次郎の家の悲劇を描く「堀河猿廻し」の段は,世話浄瑠璃の代表曲の一つとされ,今日でもしばしば上演される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちかごろかわらのたてひき〔ちかごろかはらのたてひき〕【近頃河原達引】

浄瑠璃。世話物。3巻。作者未詳。天明2年(1782)江戸外記座初演。元禄期(1688~1704)に京都で起こったお俊伝兵衛の心中事件に取材したもの。中の巻「堀川猿回しの段」が有名。通称「堀川」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちかごろかわらのたてひき【近頃河原達引】

(1)人形浄瑠璃。世話物。3巻。角書〈おしゅん伝兵衛〉。通称《堀川》。作者不詳。後年中村重助再撰とした正本がある。1782年(天明2)春江戸外記座初演。元禄期(1688‐1704)に京都で起こったお俊・伝兵衛の心中事件を素材にした作品。この巷説は早くから歌祭文歌舞伎一中節,浮世草子等々を通じて広く一般に流布していたが,本作はそれに堀川辺に住む猿回しが孝子として表彰されたという出来事などをも採り入れて独自の筋立てを展開させたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちかごろかわらのたてひき【近頃河原達引】

人形浄瑠璃の一。世話物。作者は諸説あって確定できない。1782年初演か。お俊伝兵衛の心中事件を脚色したもの。お俊の兄、猿まわし与次郎をからませた「堀川の段」が名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の近頃河原達引の言及

【猿曳門出諷】より

…1798年(寛政10)7月大坂中山与三郎座(角の芝居)初演。お俊伝兵衛物の系統に属する作品で,天明(1781‐89)初年ごろ成立の人形浄瑠璃《近頃河原達引》の書換えである。明治期まではよく上演されたが,その後は《近頃河原達引》の上演が多い。…

※「近頃河原達引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近頃河原達引の関連キーワードそりゃ聞こえませぬ伝兵衛さん干反る・乾反るお俊・伝兵衛お俊/伝兵衛猿曳門出諷密やか居成り恋知りいけ口此の頃きそん余情

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近頃河原達引の関連情報