コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏帽子着 エボシギ

デジタル大辞泉の解説

えぼし‐ぎ【×帽子着】

元服烏帽子をつけるところから》元服。元服式。よぼしぎ。〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えぼしぎ【烏帽子着】

元服のこと。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の烏帽子着の言及

【成年】より

… 中世村落や町(ちよう)における成人(元服)式や若衆入りの慣行は,現在でも宮座の行事や神事のなかに残存している。成人式は近畿地方では烏帽子着(えぼしぎ),烏帽子祝といわれ,烏帽子親を立てて元服する。元服によって成人は髪型,服装を変え改名する。…

【宮座】より

…加入は座入りと呼ばれ,誕生とともに氏子帳に登録したり,座に届けが提出される。座入りの後にその年齢は一定しないが,烏帽子着(えぼしぎ)とか元服と呼ばれる儀礼がなされる例もみられる。座衆は年齢により若衆,中老,おとなに区分されることが多い。…

※「烏帽子着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏帽子着の関連キーワード成年式競渡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android