コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏臼 うきゅう

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏臼 (ウキュウ)

植物。トウダイグサ科の落葉高木,園芸植物。ナンキンハゼの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の烏臼の言及

【ナンキンハゼ(南京黄櫨)】より

…種子をおおう脂肪層や種子を絞って得られる油脂を,ろうそく,セッケン,灯用,塗料,薬用などに用い,絞りかすは窒素に富むので肥料とする。根皮や茎皮を乾かしたものを,漢方で烏臼(うきゆう)といい,利尿薬に用いる。新緑や秋の紅葉が美しいので庭木,公園樹,街路樹に用いられ,盆栽にもされる。…

※「烏臼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

烏臼の関連キーワード烏桕・烏臼ろうそく

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android