焙籠・焙子・炙籠(読み)あぶりこ

精選版 日本国語大辞典「焙籠・焙子・炙籠」の解説

あぶり‐こ【焙籠・焙子・炙籠】

〘名〙
※延喜式(927)二八「凡応大嘗会竹器熟笥七十二口。煠(あふり)籠七十二口」 〔書言字考節用集(1717)〕
② 餠などを焼くのに用いる鉄の網または棒。あぶりだな。
※石山本願寺日記‐証如上人日記・天文五年(1536)一二月二五日「鍛冶権守佳例あぶりこ、又火箸到来候間、弐十疋遣候」
※随筆・耳嚢(1784‐1814)四「水に漬し餠或ひは草あんぴなど唱へ候品、あぶりこの上に乗せて焼くに」
③ 茶などを入れて炒(い)る大きめの竹籠日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android