コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山本願寺日記 いしやまほんがんじにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石山本願寺日記
いしやまほんがんじにっき

2巻。 1930年刊。 16世紀の本願寺関係の文書,記録を集めたもの。上巻には『天文日記』,下巻には『私心記』『鷺森日記』『貝塚御座所日記』『顕如上人文案』などが集録されている。特に『天文日記』には,石山寺内町の状況や門徒組織など価値ある史料が多く認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまほんがんじにっき【石山本願寺日記】

戦国期の本願寺関係者の日記類3種と書状控類2種を収録した史料集。1930年上松寅三編纂校訂で出版(2巻),66年索引付で復刻。上巻は10代宗主の《証如上人日記》を収録。これは《天文(てんぶん)日記》とも称され,1530‐50年代の本願寺教団や一向一揆および畿内政情を知る上での第一級史料。下巻は(1)《証如上人書札案》,(2)《私心記》,(3)11代の《顕如上人文案》,(4)《宇野主水(もんど)日記》を収録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石山本願寺日記
いしやまほんがんじにっき

本願寺が摂津石山(大阪市)、紀伊鷺森(さぎのもり)(和歌山市)、和泉(いずみ)貝塚(大阪府貝塚市)にあったときの本願寺関係者の日記・書札案などをまとめたもの。上松寅三(とらぞう)編纂(へんさん)校訂、1930年(昭和5)刊。2巻。上巻に『証如上人(しょうにょしょうにん)日記』を収録し、下巻に『私心記』『宇野主人日記』『顕如(けんにょ)上人文案』を収録する。戦国期の坊主・門徒の組織や動向、本願寺への年貢や志納、石山寺内町(じないまち)、戦国諸大名との関係などが詳述され、きわめて高い史料的価値をもつ。1966~68年(昭和41~43)索引をつけて復刻。79年北西弘編『真宗史料集成』第3巻「一向一揆(いっこういっき)」に収録された。[水戸英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石山本願寺日記の関連キーワード江馬氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android