竹籠/竹籃(読み)タケカゴ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

竹籠[竹工]
たけかご

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
八代市・天草市宇城市熊本市・玉名郡南関町で製作されている。真竹孟宗竹を割ったひごを材料として、さまざまな形に編みあげられる。熊本県には竹林が多く、古くから竹細工の産地であった。当初は花筒・竹樽などがつくられていたが、明治時代以降に有馬から編組技術が伝えられて、籠類が製作されるようになった。熊本県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちく‐ろう【竹籠】

〘名〙
① 竹で編んだかご。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕 〔賈島‐題皇甫荀藍田庁詩〕
② 竹で作った食籠(じきろう)。竹筲(ちくそう)。〔元亀本運歩色葉(1571)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android