無力感(読み)むりょくかん

精選版 日本国語大辞典「無力感」の解説

むりょく‐かん【無力感】

〘名〙 ある物事に対して無であることがわかったときの、また、何をしても無駄であると知ったときの、脱したような感じ。
※志賀直哉論(1953)〈中村光夫暗夜行路「こういう無私の熱情あるいは、それに伴う無力感は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報