無力感(読み)むりょくかん

精選版 日本国語大辞典「無力感」の解説

むりょく‐かん【無力感】

〘名〙 ある物事に対して無力であることがわかったときの、また、何をしても無駄であると知ったときの、脱したような感じ。
※志賀直哉論(1953)〈中村光夫〉暗夜行路「こういう無私の熱情あるいは、それに伴う無力感は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無力感」の解説

むりょく‐かん【無力感】

自分に力がないとわかったときのむなしい気持ち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android