コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無双伝 むそうでんWu-shuang zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無双伝
むそうでん
Wu-shuang zhuan

中国,唐の伝奇小説。薛調 (せっちょう) の作。成立年未詳。高官の娘劉無双が,争乱によって父を失い後宮へ入れられたが,幼なじみの王仙客や,義侠の人古押衙 (こおうが) の力で後宮から出て,仙客と添いとげる物語。同時代の随筆集『雲渓友議』に崔郊と無双の恋物語として簡単な記録があり,この小説はそれに基づくと考えられ,『太平広記』に収められている。作者は美男として知られ,咸通 12 (871) 年知制誥となり翌年没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android