コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平広記 たいへいこうき Tai-ping guang-ji

6件 の用語解説(太平広記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平広記
たいへいこうき
Tai-ping guang-ji

中国の小説集。宋の李 昉 (りぼう) らの編。 500巻。太平興国3 (978) 年成立。李 昉ら 13人が太宗の勅命によって正統な歴史にとられない古来の野史,小説その他の説話を集めた書。内容によって神仙,女仙,道術,方士以下 92の項目に分類,配列されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいへいこうき〔タイヘイクワウキ〕【太平広記】

中国の説話集。500巻。宋の太宗の命で李昉(りぼう)らが編。978年(太平興国3年)成立。漢から宋初までの説話・伝奇などを92項目に分けて収録。引用書目475種。「枕中記」なども含まれ、後世の文学作品の材料ともなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太平広記【たいへいこうき】

中国,宋代の類書。500巻,目録10巻。977年に李【ぼう】(りほう)らが勅を奉じて撰。漢より北宋初期までの説話を採取し,神仙・道術・異人・異僧など90余部に分類。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいこうき【太平広記 Tài píng guǎng jì】

中国,漢より北宋初期までの小説類をひろく集めた書。北宋の太平興国3年(978)に李昉(りぼう)などによって奉勅撰された。全500巻,目録10巻。7000余編の物語がその内容によって神仙・方士・異僧・報応・名賢・貢挙・豪俠・儒行・書・画・医・相・酒・詼諧(かいかい)・婦人・情感・夢・幻術・神・鬼・妖怪・再生・竜・虎・狐・蛇・雑伝記など92項目に大分類され収録されている。約500種の古小説および小説集から採録されているが,現在はその半数が散逸しているので,この書は貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいこうき【太平広記】

中国の伝説・説話物語集。五〇〇巻。宋の太宗の勅命により李昉りぼうらが編集。978年成立。漢代から宋初までの475種の書物から伝説・奇談・異聞を収集し、内容別に分類したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平広記
たいへいこうき

中国、宋(そう)代の物語全書。500巻。977年、『太平御覧(たいへいぎょらん)』と同じく、李(りほう)らが勅命を受けて編纂(へんさん)にとりかかり、翌年完成した。内容は、神仙、女仙、道術、方士から動植物に至るまで、類書風にたてられた92の項目のもとに、上代から宋代に至るまでの間に著された小説を集め、それぞれの話の末に出典を付記している。集められた話は、志怪(しかい)小説、志人小説、伝奇小説など、宋代以前の文言(文語体)小説。今日もはや原形のみられない上代の書物からの引用が多いので、その意味でも利用価値は高い。刊本としては、明(みん)の談(たんがい)の出版したもの(談本(だんぽん))、明の許自昌(きょじしょう)の出版したもの(許本(きょほん))、清(しん)の黄晟(こうせい)が巾箱(きんそう)本(小型の本)として出版した黄氏巾箱本(黄本(こうほん))などが伝えられており、近年では、1959年に、北京(ペキン)の人民文学出版社が、談本を底本とし、許本、黄本を参考にし、それに明の沈弁之(しんべんし)の写本と清の陳(ちんせん)の校本を参照して活字本を出版した。[高橋 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太平広記の関連キーワード夷堅志漁隠叢話志怪刊記掌編小説伝灯録ヒロシマ 原爆投下までの4ヶ月宣和書譜祐国寺鉄塔末廣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone