無名門(読み)むみょうもん

精選版 日本国語大辞典「無名門」の解説

むみょう‐もん ムミャウ‥【無名門】

[一] 平安京内裏および京都御所内の門の一つ。殿上の小庭の東にあり、ここをはいった所を殿上口あるいは殿上の下口という。
※台記‐天養二年(1145)正月四日「着殿上之後、童子経無名門〈門八本無可従〉神仙両門、立殿上口
[二] 平安京内裏綾綺殿の北にある和徳門(化徳門(かとくもん))の異称か。
※拾芥抄(13‐14C)中「化徳門 在東綾綺殿北今亦無額又云無名門

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android