コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿上 テンジョウ

2件 の用語解説(殿上の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐じょう〔‐ジヤウ〕【殿上】

《「でんじょう」とも》宮殿、または殿堂の上。
宮中。禁中。
殿上の間(ま)」の略。
2のことをつかさどるところから》蔵人所(くろうどどころ)の異称。
殿上の間に昇ること。また、それを許されること。昇殿。
「来年は帰り上りて―して、五位の蔵人になりて」〈狭衣・一〉
殿上人(てんじょうびと)」の略。
「―の逍遥侍りしとき、さらなり」〈大鏡・伊尹〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじょう【殿上】

宮殿・殿堂の内部。
宮中。また、禁中。
清涼殿の殿上の間。また、紫宸殿のうち。上。
清涼殿の殿上の間に昇ること。また、それを許されること。 「これかれぞ-などもせねば/蜻蛉
「殿上人」の略。 「殿を始め奉りて-と地下と皆参りぬ/枕草子 二四二・春曙抄

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の殿上の言及

【殿上の間】より

…内裏にある清涼殿の南廂(ひさし)の部屋。会議室または控室の用をし,公卿や昇殿を許された四位・五位の殿上人,蔵人(くろうど)が祗候するところ。東西6間の細長い部屋で,北側は白壁で身舎(もや)との間を仕切り,南は簀子がなく,神仙門で東西に区切り,東側に小板敷,西側に沓脱(くつぬぎ)の縁をつける。…

※「殿上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殿上の関連情報