殿上口(読み)てんじょうぐち

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじょう‐ぐち テンジャウ‥【殿上口】

〘名〙 殿上の間(ま)に通じる入り口。小庭の東にある無名門、および小庭の西にある神仙門を出たところをいう。ここを経て小板敷または沓脱(くつぬぎ)から殿上に昇る。また、ここで昇殿を許されない者との応対をする。殿上の下口。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「殿上ぐちにたてる侍の人にとらせつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android