小庭(読み)こにわ

精選版 日本国語大辞典「小庭」の解説

こ‐にわ ‥には【小庭】

〘名〙
寝殿と対の舎の間の壺庭(つぼにわ)
※宇治拾遺(1221頃)一「山臥(やまぶし)の、ことごとしげなる入りきて、侍の立蔀(たてじとみ)の内の小庭に立ちけるを」
② 宮中清涼殿の東南隅の庭。小板敷の前にある庭。紫宸殿(ししんでん)の南庭を大庭というのに対する。
※平家(13C前)一「殿上の小庭に畏(かしこま)ってぞ候ひける」
③ 小さい庭。狭い場所。こば。
※花鏡(1424)時節当感事「大庭の申楽には、御前を近くなすやうに心得べし。小庭などならば、御前を遠くなすべし」
馬術で、せまい練習場。馬上の太刀打(たちうち)を練習する狭い馬場。
⑤ 農家の土間。秋収穫した稲の脱穀などをする場所。《季・秋》

しょう‐てい セウ‥【小庭】

〘名〙 小さい庭。狭い庭。こにわ。
※田氏家集(892頃)下・薬「種薬経春撲地生、蒙茸暑小庭栄」 〔韓偓‐疎雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android