無審査主義

産学連携キーワード辞典の解説

無審査主義

「無審査主義」とは、特許権の審査方法の1つ。実体審査を行わず、方式審査のみで特許権を付与する方法。日本の実用新案法が「無審査主義」を採用している他、イタリア、オランダ、スイスなどの国々が特許法に「無審査主義」を採用している。実体審査を行わない分、早く特許権を付与できるが、特許権を得るに妥当でない技術、既に特許化されている技術に特許権が与えられるケースが多くなりやすい。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

世界大百科事典内の無審査主義の言及

【特許】より

…この憲法の規定に基づき1790年に連邦特許法が成立した。この特許法は基本的にはイギリスの特許制度を継受したものであり,当初は無審査主義を採用していたが,1836年に至り,世界ではじめて審査主義が採用され,特許に対する信頼性を飛躍的に高めた。この審査主義は,今日では世界の趨勢となっている。…

※「無審査主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android