コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無接点スイッチ むせってんスイッチcontactless switch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無接点スイッチ
むせってんスイッチ
contactless switch

半導体素子の電圧-電流特性の非線形性などのスイッチング特性を利用した,接点の開閉なしのスイッチで,おもにダイオードやホール素子などが用いられる。通常のスイッチでは接点をもち,接点の機械的運動によってスイッチの開閉を行なっている。無接点スイッチは,通常のスイッチに比べ,特性,保守などの点で利点が多く,特に電子回路で高速度の断続を必要とする場合や引火性ガス中でのスイッチングなどに適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

無接点スイッチの関連キーワードインジウム・アンチモン感圧ダイオード電子スイッチ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android