接点(読み)せってん(英語表記)contact point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接点
せってん
contact point

電流回路のスイッチ作用を行うために接触により電流を通じる部分。接触面での接触抵抗を小さくし,寿命を長くするために特殊な材料を用いてつくることが多い。特に電流の遮断により接点間に高い電圧がかかるような場合には遮断時にアーク放電による接点の損傷を生じやすいので,タングステンやその合金が用いられる。また接触抵抗を小さくするために銀や金,パラディウムなどの貴金属合金が用いられることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐てん【接点/切点】

曲線または曲面と直線などが接する点。
電気回路で、接触させて電流を通じさせる部分。また、そのための部品。
異なる物事がふれあう点。また、一致する点。「東西文明の―」「互いの主張の―をさぐる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の接点の言及

【円】より

…後者の場合,lを円の割線という。Oからlまでの距離が半径に等しいときは,lは円と1点で交わるが,この交点をAとするとき,lはAにおいて円に接するといい,lを接線,Aを接点という。Aを接点とする接線lとはAにおいて半径OAに立てた垂線であり,また,それは円周上の点BをAに近づけたときにA,Bを通る割線が近づく直線であるともいえる(図3)。…

【球】より

…球面が二つの平行な平面に交わるとき,これら2平面にはさまれた球面の部分を球帯といい,球帯とこれらの2平面で囲まれた立体を球台という。直線または平面が球面とただ1点を共有するとき,それらは球面に接するといい,共有点を接点という。この場合,直線を球の接線,平面を球の接平面という。…

【接線】より

…いま,曲線C上にPと異なる点QをとってPをQに結ぶ直線を考え,Qを曲線Cに沿って限りなくPに近づける。このとき直線PQが限りなく近づく一定の直線が存在するならば,この直線を点Pにおける曲線Cの接線といい,Pをその接点という(図)。Cの各点に接線が存在するとき,これらの接線によって描かれる曲面を曲線Cの接線曲面といい,Cをこの接線曲面の反帰曲線という。…

【接平面】より

…このとき,Pを通るS上の曲線を任意にとり,Pにおけるこの曲線の接線をつくれば,これらはすべて同一平面上にある。この平面を点Pにおける曲面Sの接平面と呼び,Pをその接点と呼ぶ。なお,Pにおいて接平面に立てた垂線を点Pにおける曲面Sの法線という(図1)。…

※「接点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接点の関連情報