開閉(読み)かいへい

精選版 日本国語大辞典「開閉」の解説

かい‐へい【開閉】

〙 開いたり閉じたりすること。あけたてすること。
※東寺百合文書‐を・貞治五年(1366)四月二八日・宗心御影堂聖人職請文「当堂開閉文書殊可丁寧之沙汰」
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「高さ五尺許りの処に硝子窓を設け、麻索を以て之を開閉し」 〔易経‐繋辞上〕

あけ‐たて【開閉】

〘名〙 、障子などをあけたりしめたりすること。また、開閉できることや開閉の具合もいう。かいへい。
※史記抄(1477)一二「膠つけのやうに、あけたてをもせぬぞ」

あけ‐しめ【開閉】

〘名〙 あけたり、しめたりすること。あけることと、しめること。
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「箪笥の重みのある引き出しをあけしめしてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開閉」の解説

かい‐へい【開閉】

[名](スル)あいたり、しまったりすること。また、あけたり、しめたりすること。あけたて。「扉を開閉する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android