コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線電信 ムセンデンシン

大辞林 第三版の解説

むせんでんしん【無線電信】

電線を用いずに、電波を利用して符号により通信を行う方式。無電。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無線電信の関連キーワードカール・フェルディナンド ブラウンウィリアム・デュ・ボワ ダッデルジョン・A. フレミングリー デ・フォレスト国際電気通信連合G. マルコーニデ・フォレストフェージング電気通信大学エスオーエス甲子園ホテル吉村鉄之助ワイヤレス鯨井恒太郎木村 駿吉無線周波数コヒーラーマルコーニ石川光儀内田嘉吉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無線電信の関連情報