コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無記名株券 ムキメイカブケン

2件 の用語解説(無記名株券の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むきめい‐かぶけん【無記名株券】

株主の氏名が券面に記載されていない株券定款に定めがある場合に限って発行できる。→記名株券

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

無記名株券【むきめいかぶけん】

株主の氏名が株券上に記載されていない株券。記名株券に対する。ドイツなどではこれが主流。株主が権利行使する際に不便なため,日本ではほとんど利用されず,1990年商法改正で廃止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の無記名株券の言及

【株券】より

…株主の地位すなわち株式を表章する有価証券。株主の地位は利益配当請求権や株主総会における議決権その他の権利を伴っているので,株券とはこのような権利を表章する有価証券ということができる。株式を株券に表章することによって,株式の譲渡は株券の交付のみですることができ(商法205条1項),株式の流通性が高められる。1枚の株券には複数の株式を表章することができ,実際には定款の定めにより,1株券,10株券,100株券,1000株券,1万株券等が発行されている。…

※「無記名株券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone