コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無酸素的作業閾値 むさんそてきさぎょうしきいちanaerobic threshold; AT

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無酸素的作業閾値
むさんそてきさぎょうしきいち
anaerobic threshold; AT

運動時のエネルギー供給が有酸素から無酸素に移行する境界の運動強度 (あるいはエネルギー量など) 。 AT値とも呼ばれる。エネルギー供給は,軽い運動から強い運動になるに従い,有酸素から無酸素に移行していく。 AT値は,呼吸や乳酸 (無酸素状態で増加) の変化から判定され,前者を換気性閾値 (VT) ,後者を乳酸性閾値 (LT) として区別している。有酸素的能力に優れた持久的競技選手ほど AT値は高く,持久的競技記録との相関も高いため,記録の予測あるいは個人の能力に応じたトレーニング負荷の設定など,その応用範囲は広く,現在各国のスポーツ現場で急速に普及しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android