コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美術展覧会 びじゅつてんらんかいart exhibition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美術展覧会
びじゅつてんらんかい
art exhibition

美術作品を一定の期間,一定の場所で公開展示すること。広義には古代からの王侯貴族らの個人の収集品の公開や,美術館博物館における所蔵品の常設展示も含まれるが,狭義には,(1) 一定の組織や団体が主催する定期的展覧,(2) 不定期の個展またはグループ展,(3) 常設展以外に美術館や博物館によって開催される特定主題に基づく特別展示,いわゆるテーマ展覧会,(4) 特定の教育文化機関により教育や啓蒙のために国内外を巡回する巡回展,そのほか作家の回顧展,遺作展,選抜展などをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びじゅつてんらんかい【美術展覧会】

美術品の展覧会をいう。不特定多数の鑑賞者を対象とした啓蒙的なもの,自発的に催されるもの(グループ展など)のほか,競売を目的としたものなどがある。
[西洋]
 中世,ルネサンスにかけて都市のギルド(画家組合)の美術家は,原則的には王侯貴族,また富裕な市民の注文によって美術作品を生産していた。もっとも,貧しい美術家が美術作品を街頭に並べて,都市の市や祭の日に売っていた記録はヨーロッパ,日本に見られるが,一定の会場で美術作品を陳列し,無名の購買者に見せることはなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美術展覧会
びじゅつてんらんかい
exhibition英語
expositionフランス語
Ausstellungドイツ語

美術作品を展示し、不特定もしくは特定の鑑賞者に、作品の鑑賞や評価を求める展覧会。美術館が所蔵する作品を常時展示するいわゆる常陳展も広義にはこれに含まれるが、通常は特定の期間、特定の会場で行われる。パリのアンデパンダン展、サロン・ドートンヌ展、あるいは日本の日展、院展、二科展など、また1895年第1回展以後、中断を含みながら隔年開催されるベネチア・ビエンナーレのような定期展、それに対して、パリのグラン・パレ、ニューヨークのメトロポリタン美術館、東京の国立西洋美術館をはじめ、各美術館、画廊その他で臨時に開催される特別企画の展示がある。企画の内容は、団体展、グループ展、個展、競売や作品売却のための展示など、きわめて多岐にわたる。たとえば、同じ個展形式でも、現存の作家が自己の近作の成果を世に問うために展示する場合もあれば、過去の作家の作品を、生誕○○年記念、没後記念などさまざまな意図と名目により、主催者が企画組織して展覧会を構成する場合もある。[中山公男]

歴史

縁日や市場で作品を並べ、人々がそれを鑑賞し、購入するといった美術展の原形となる営みは古くからあったに相違ないし、西洋、日本でも近世以降にはその記録がある。しかし、古代、中世、さらに近世に至るまで、美術品の多くは注文生産で、展覧会形式はさほどの必要性も効用ももたなかったといってよい。[中山公男]
西洋
オランダやイタリアでは、16世紀から17世紀にかけて、しばしばギルド主催の展覧会が開催されたという記録が残されているが、それらは工房作品、版画、工芸品などが主体であった。しかし、17世紀にギルドと並立して成立することになる王立アカデミーは、その権威のためにも優れた作家による優れた作品の展覧会を開催することになる。フランスでは1663年にアカデミー・ロワイヤルが創設され、1667年には第1回のサロンが開催され、若干の断続はあったが、19世紀以降のサロンの原形を形づくっている。18世紀にルーブル宮のサロン・カレ(方形の間)で開催されたため「サロン」と通称されるこの展覧会は、大革命時まではアカデミー会員および準会員の発表の場であったが、革命後は公募・審査の方式をとることになる。そして公募展が多くなり、落選者も増えるにつれて「落選展」が開かれ、さらに、自由に参加することのできるアンデパンダン展などが開かれ、20世紀には民間の各種団体展が数多く出現する。かつての注文主あるいはパトロン対芸術家の関係は、個人の芸術家対収集者あるいは鑑賞者という市民社会での美術消費の形式にとってかわり、それは必然的に展覧会による表現形式を増大させ、落選展やアンデパンダン展だけではなく、1855年の万国博覧会の落選に対抗して「レアリスム」を名のる個展を開いたクールべ、1874年に第1回の印象派展を開いたモネたちの例が示すように、個展、グループ展形式も成立する。また19世紀以降、いわゆる万国博覧会内部で開かれた美術展も大きな役割を担った。たとえば1855年のパリ万国博でのドラクロワ展、1899年の同じパリ万国博でのフランス絵画百年展のような大規模な回顧展も、新しい展覧会形式の基礎をつくっている。
 おそらくかなり古い時代から行われたと思われる美術商の店頭での作品提示、あるいは遺産の売却のための売り立てなども重要な展覧会形式の一つである。これも18世紀以降盛んに行われ、今日ロンドンその他の世界の何か所かで部門別に開催されるサザビーやクリスティーズの競売展などは、その系譜上にある。
 イギリスでは、ロイヤル・アカデミーの前身であるイギリス美術家協会が1760年に展覧会を開催し、69年以降アカデミー主催の定期展となっている。ドイツでは、版画家ホドウィエツキの個展がベルリン・アカデミーの主催で1787年に開催されたのが最初で、以後ミュンヘン、ドレスデン、ウィーンなどの各地でアカデミー展が開かれている。こうしたアカデミー主催の展覧会に対し、やがて民間団体による団体展、個展などが開かれるようになり、むしろそうした展覧会の隆盛が近代・現代美術の推進の母体となる事情は、19世紀後半以後、各国に共通してみられる。[中山公男]
日本
わが国では1872年(明治5)文部省博物館主催により、古美術、工芸品、新しい油絵などの展示が、東京・湯島の聖堂で行われたのが展覧会の最初で、2年後の74年には、書画展覧会として高橋由一(ゆいち)らの作品が出品されている。一方、民間団体による美術展も、1875年に画塾彰技堂分室で油彩、水彩が展示されたのを契機に、明治美術会、白馬(はくば)会などの主催による展覧会が相次ぐ。そして、1907年(明治40)の「文展」の創設以降、官展と民間の団体展が競い合い、日本近代美術史を形成する力の一つとなっている。[中山公男]

現代の美術展覧会

今日の美術への関心の高まり、文化消費志向は、国際的に美術展の需要を促し、ハプニング、パフォーマンスなども含む多様な形式での展覧会の隆盛を示している。しかし、より重要な現象は展覧会の国際化であり、サン・パウロ、ベネチアのビエンナーレなどが現代美術の推進、評価の核として定着する一方、過去の巨匠や、ある時代の美術を、国際的な文化交流の一環として、海を越えて展示する企画が増大している。19世紀の万国博覧会での国際美術展、あるいはロンドンやニューヨークでしばしば開かれたフランス印象派展、アメリカ現代美術に決定的影響を与えることになったニューヨークでのアーモリー・ショー(1913)などを先駆とする今日の数多くの国際交流展は、単なる美術鑑賞の枠を越えて、国際的な相互理解でも、その国の美術界への影響という点でも、大きな役割を果たしている。
 この種の特別企画展は美術館その他の主催者が組織にあたり、展覧会の企画・立案、作品出品の依頼・交渉・輸送・展示に関して責任をもつ。貴重な作品の海外への出品に関しては、所蔵者側に抵抗が多いのは当然であるが、文化交流の趣旨、また本質的に優れた作品はより多くの人々に見られることを欲するということで、文化財保存の目的との間に矛盾を含みながらも、出品作品が選定されるのが通常である。
 展覧会では、その最初期以来、つねに小冊子あるいは図録(カタログ)形式の出品目録がつくられ、これは美術史研究にとっても重要な手掛りとなっている。とくに近年大規模に行われる企画展は、単に美術鑑賞の機会を提供するだけではなく、散逸した作品を一堂に展示することにより新しい研究と評価の契機となるため、図録の内容的な充実が顕著である。いずれにせよ、展覧会は美術的な生産者と需要者との出会いの場であるとともに、なによりも発表と評価の出会いの場であり、今後ともいっそうその重要性が増大するものと思われる。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の美術展覧会の言及

【官展】より

…政府が主宰する美術展覧会とその機構。1907年(明治40)の文部省美術展覧会(通称文展)開設をそのはじまりとする。…

※「美術展覧会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

美術展覧会の関連キーワードラングドン ウォーナーベネチアビエンナーレサロンドートンヌトリエンナーレサロン・ド・メ日展100周年山下 大五郎横堀 角次郎長谷川 良雄阪倉 宜暢高木 背水大城 皓也山本 知克福田平八郎国沢新九郎鈴木 迪彦帝国美術院日本芸術院ルネサンスサロンドメ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美術展覧会の関連情報