コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無高 ムタカ

デジタル大辞泉の解説

む‐たか【無高】

知行高(ちぎょうだか)が定まっていないこと。
江戸時代石高のない土地。また、田地を所有しない農民。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むたか【無高】

江戸時代、石高こくだかのない土地。また、稲作地を高として持たないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無高の言及

【水呑】より

…無高ともいう。日本の近世期,農村に居住し,田畑を所持せず,小作地を耕作して独立の生計を立てていた農民。…

※「無高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無高の関連キーワード水呑み百姓・水吞み百姓士・農工商・穢多非人水呑み百姓水呑百姓松前藩本百姓李忠成石高制対馬藩入百姓水呑小前頭振