コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水呑 みのみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水呑
みのみ

広島県南東部,福山市南部,芦田川下流右岸の地区。旧町名。 1956年福山市に編入織物業が盛んで,先染 (さきぞめ) 織の中小工場が集中し,備後機業地の一角をなす。福山市の発展に伴い文教施設や住宅が進出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

水呑【みずのみ】

無高百姓水呑百姓とも。高持本百姓に対する語。検地帳に記載されず年貢負担はなく,一般に零細農民が多い。本百姓の分解につれて小作貧農一般をいうようになった。
→関連項目頭振小前

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずのみ【水呑】

無高ともいう。日本の近世期,農村に居住し,田畑を所持せず,小作地を耕作して独立の生計を立てていた農民。高請地(たかうけち)を所持した高持本百姓に対して,水呑,無高と呼ばれた。独立の生計を営む点で隷属的農民とも奉公人とも区別される。その成因には二つあり,(1)近世初期の隷属的小農民が自立するにあたり,高請地を所持しない状態で主家から分立し,身柄だけの自立を獲得したもの,(2)中期以降,高持,本百姓が高請地を質流しで手放して無高となったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水呑
みのみ

広島県南東部、福山市南部の一地区。旧水呑町。芦田(あしだ)川西岸に位置する。地名の由来は、神功(じんぐう)皇后が朝鮮出兵の際にこの地で水を飲んだとか、水を貢がれたとか諸説がある。江戸時代、木綿織物業が盛んで、現在も下請賃織工場が多い。また酒造業もある。芦田川の河岸に市民球場を備えた竹ヶ端(たけがはな)運動公園がある。[北川建次]
『『水呑町史』(1956・水呑町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水呑の言及

【小前】より

…17世紀後半期には近世村落(小農村落)が成立し,身分や家格に拘束されることなく高持百姓全員が村落構成員としての資格を獲得するようになるが,近世村落の成立によって,百姓としての権利と義務(用水や入会地の利用権,年貢・諸役・村入用など諸負担の義務)を持つ高持百姓を小前と呼ぶようになる。しかし小前の用語にはかなり広い意味が含まれていて,(1)高持百姓のすべてを指す場合,(2)村役人以外の一般の高持百姓を指す場合,(3)無高の水呑百姓をも含めて,弱小な小百姓を指す場合,などがある。《地方(じかた)凡例録》に〈小前持高十分の一以下の荒地ハ,定免年季内は百姓内済〉とあるなどは(1)の例であり,同書の他の場所に〈小前連印村役人奥印の請書証文を出させべきこと〉とあるのは(2)の例である。…

【名子】より

…しかし,なお自立しえない名子は,近世的従属農民として主家たる本百姓に分付(ぶんつけ)される存在で,一戸として認められないものであった。近世中期には,領主による名子解放政策(本百姓ないし水呑百姓への上昇)もあったが,なお残存するものが多かった。しかしその従属性はしだいに弱まり,家屋敷をもたないがゆえに労働地代を出す農民と意識されるようになった。…

※「水呑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水呑の関連キーワード和歌山県田辺市本宮町三越士・農工商・穢多非人関東取締出役宗門人別改帳高橋 季暉大聖寺一揆福山(市)惣百姓一揆望月玉蟾駅伝制度無高百姓津軽石川江戸時代水飲み南禅寺石高制村寄合田分け寄合隠亡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水呑の関連情報