焦平面(読み)しょうへいめん(英語表記)focal plane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焦平面
しょうへいめん
focal plane

回転対称な光学結像系で,光軸に対して傾いた方向からの平行光線の像点の軌跡を像空間焦点面といい,近軸光線の場合はそれが平面であると考えてよいので焦平面という。逆に物体側の物空間焦平面を考えることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android