コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然るべし サルベシ

デジタル大辞泉の解説

さる◦べし【然るべし】

[連語]《動詞「さり」の連体形+推量の助動詞「べし」》
ふさわしい。相応である。
「―◦べき折もなくて、思ひありくほどに」〈落窪・一〉
そうなるのが当然である。そうなる運命である。
「―◦べき契りにやありけん」〈宇治拾遺・三〉
りっぱである。れっきとしている。
「―◦べき人は、とうより御心魂の猛く、御守りも強(こは)きなめり」〈大鏡・道長上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さるべし【然るべし】

( 連語 )
〔動詞「然り」の連体形に推量の助動詞「べし」の付いた語〕
そうするのにふさわしい。しかるべきである。 「さりとて-・べくて生まれ給へる人の/浜松中納言 1
そうなるのが当然である。 「この世中は-・べきぞや。なにかおもほす/落窪 1
相当である。立派である。 「 - ・べきものの子どもにて、心のままにけふはわがよと、人払はせ/大鏡 師輔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

然るべしの関連キーワード其の許連体形甘心順気

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android