コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然るまじ サルマジ

デジタル大辞泉の解説

さる◦まじ【然るまじ】

[連語]《動詞「さり」(ラ変)の連体形+打消し推量の助動詞「まじ」》
そうあるべきでない。そうあるはずがない。不当だ。
「あまた―◦まじき人の恨みを負ひし果て果ては」〈・桐壺〉
ものの数でない。とるにたりない。
「殿上人、女房、―◦まじき女官までも」〈大鏡・師輔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるまじ【然るまじ】

( 連語 )
〔動詞「然り」の連体形に打ち消し推量の助動詞「まじ」の付いた語〕
そうなるはずはない。そうするべきでない。 「この-・まじき御中のたがひにたれば/蜻蛉
取るに足りない。たいしたことではない。 「 - ・まじき人のもとに、あまりかしこまりたるもげにわろきことなり/枕草子 262

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然るまじの関連キーワード殿上人枕草子連体形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android