焼け野の雉夜の鶴(読み)やけののきぎすよるのつる

ことわざを知る辞典「焼け野の雉夜の鶴」の解説

焼け野の雉夜の鶴

は深い愛で子のことを思い、自らを犠牲にしてでも子を守ろうとすることのたとえ。を焼かれると、わが身を忘れて子を救いだそうとして、にもどって焼け死ぬという。または、の降りる寒い夜、自分の翼で子をおおって守るという。

[解説] 「雉」は「雉子」と書くことも多く、また、「焼け野の雉」「夜の鶴」をそれぞれ単独でも使います。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「焼け野の雉夜の鶴」の解説

焼(や)け野(の)の雉(きぎす)夜(よる)の鶴(つる)

《すんでいる野を焼かれたキジが自分のにかえてもその子を救おうとし、また、寒い夜に鶴が自分のでその子を暖めるところから》親が子を思う情の深いことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android