焼け野の雉夜の鶴(読み)ヤケノノキギスヨルノツル

デジタル大辞泉の解説

焼(や)け野(の)の雉(きぎす)夜(よる)の鶴(つる)

《すんでいる野を焼かれたキジが自分の命にかえてもその子を救おうとし、また、寒い夜に鶴が自分の羽でその子を暖めるところから》親が子を思う情の深いことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やけののきぎすよるのつる【焼け野の雉夜の鶴】

巣のある野を焼かれると雉子きじは身の危険を忘れて子を救い、寒い夜、巣ごもる鶴は自分の翼で子をおおう。子を思う親の情が非常に深いたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android