焼け野の雉夜の鶴(読み)ヤケノノキギスヨルノツル

デジタル大辞泉の解説

焼(や)け野(の)の雉(きぎす)夜(よる)の鶴(つる)

《すんでいる野を焼かれたキジが自分の命にかえてもその子を救おうとし、また、寒い夜に鶴が自分の羽でその子を暖めるところから》親が子を思う情の深いことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やけののきぎすよるのつる【焼け野の雉夜の鶴】

巣のある野を焼かれると雉子きじは身の危険を忘れて子を救い、寒い夜、巣ごもる鶴は自分の翼で子をおおう。子を思う親の情が非常に深いたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android