コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼付け塗料 やきつけとりょうbaking finish

世界大百科事典 第2版の解説

やきつけとりょう【焼付け塗料 baking finish】

被塗物に塗って加熱すると塗膜が形成されるように作った塗料。加熱温度は,日本工業規格では100℃以上,アメリカ材料試験協会規格(ASTM),イギリス規格(BS)では強制乾燥(66℃以上)より高い温度と規定されている。焼付け塗料は,その焼付け温度で主要な橋架け反応(塗膜の所期性能が達成されるために必要とする樹脂高分子間の化学結合反応)がいちおう完了し,その温度以下(たとえば室温)ではもはや反応が進行しないと考えられるので,一般にその塗膜性質を長く保持することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼付け塗料
やきつけとりょう
baking paint

溶媒の蒸発だけでは塗膜が乾燥せず、加熱によって硬化する塗料の総称。加熱されると酸化重合ないし熱重合によって堅牢(けんろう)な塗膜を形成する。加熱には赤外線ランプを使う例が多い。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

焼付け塗料の関連キーワードメラミン樹脂塗料アルキド樹脂アミノ樹脂垣内

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android