堅牢(読み)けんろう

精選版 日本国語大辞典「堅牢」の解説

けん‐ろう ‥ラウ【堅牢】

[1] 〘名〙 (形動) 堅くて容易にこわれないこと。また、そのさま。じょうぶ。堅固。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉三「幹は木理緻密にして赤色を帯ぶ。其の質堅牢なり」 〔蘇軾‐謝人見和前篇詩〕
[2]
[一] 「ならえん(那羅延)」の異称。〔探玄記‐一五〕
[二] =けんろうじしん(堅牢地神)〔最勝王経‐八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堅牢」の解説

けん‐ろう〔‐ラウ〕【堅×牢】

[名・形動]物がしっかりと、壊れにくくできていること。また、そのさま。「堅牢なつくり」「堅牢無比」
[派生]けんろうさ[名]
[名]堅牢地神」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android