堅牢(読み)ケンロウ

  • けんろう ‥ラウ
  • けんろう〔ラウ〕
  • 堅×牢

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]物がしっかりと、壊れにくくできていること。また、そのさま。「堅牢なつくり」「堅牢無比」
[派生]けんろうさ[名]
[名]堅牢地神」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (形動) 堅くて容易にこわれないこと。また、そのさま。じょうぶ。堅固。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉三「幹は木理緻密にして赤色を帯ぶ。其の質堅牢なり」 〔蘇軾‐謝人見和前篇詩〕
[2]
[一] 「ならえん(那羅延)」の異称。〔探玄記‐一五〕
[二] =けんろうじしん(堅牢地神)〔最勝王経‐八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堅牢の関連情報