コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)杉 ヤキスギ

デジタル大辞泉の解説

やき‐すぎ【焼(き)杉】

杉材の表面を焦がし、磨いて木目を凸状に表したもの。器物下駄などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

焼(き)杉の関連キーワード沼田うきもく黒滝(村)上丹生木彫ぽっくり下市町源氏塀黒滝村