コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙筒 エントウ

大辞林 第三版の解説

えんとう【煙筒】

煙突。けむり出し。
キセル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の煙筒の言及

【煙突】より

…また煙突掃除chimney sweep(chimney sweeper)では,子どもが頭から布をかぶり,煙突の内部(足場がつけてある)にはいってすすをとる商売が19世紀には行われ,イギリスでは1875年に16歳以下の子どもの就業を禁止し,95年にはその年齢を21歳に引き上げた。
[日本の煙突]
 日本では,江戸時代末期に外国からきた旅行者が,屋根に煙突の見当たらぬことを指摘しているが,西洋文明の移入とともにその出現を見,明治初期には〈煙出し〉〈煙筒〉の2語が最も多く使われた。そこで大槻文彦は1891年の随筆で〈煙筒はキセルのことで,煙出しは煙突と呼ぶべきだ〉と教えているが,煙突は中国の俗語の移入と思われる。…

【きせる(煙管)】より

…今日一般に用いられている火皿の小さいきせるは,天保(1830‐44)ころに考案されたものである。
[中国]
 北京方言を標準語とする中国の民族共通語(普通話,国語)では〈煙袋〉というが,南部地方たとえば広東では〈煙筒〉といい,台湾で最も通用している閩南(びんなん)語では〈煙吹〉という。ただし,アヘン吸飲用のきせるは〈烟鎗〉などと称している。…

※「煙筒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

煙筒の関連キーワードパイプ(喫煙具)ストロンチウムしゃぶしゃぶ大島英三郎扱き下ろす煙管・烟管スモーク細谷火工遭難信号ぬっくと危険信号水煙管発煙筒煙幕煙突

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android