コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙霧層 えんむそう

1件 の用語解説(煙霧層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煙霧層
えんむそう

地上から上空に上るに従って気温は低下するのが普通の大気状態であるが,これが部分的にでも逆転すると,その部分には,小さな粉塵の密度が高くなって,大気の他の部分よりも煙霧のひどいところができる。この逆転は地上からの距離によって等高線上にできるので,煙霧は層となって広がる。そして層の厚さに差はあるが,数層,数十層にも達することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone