熊沢光子(読み)くまざわ てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊沢光子 くまざわ-てるこ

1911-1935 昭和時代前期の社会運動家。
明治44年8月9日生まれ。昭和8年共産党に入党。党中央委員大泉兼蔵のハウスキーパーとなる。9年大泉が特高警察スパイとわかり,光子も党の査問をうける。大泉の脱走騒ぎの際警察につかまり,昭和10年3月25日獄中で自殺。25歳。愛知県出身。愛知第一高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android