コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉 おおいずみ

3件 の用語解説(大泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大泉
おおいずみ

山梨県北西部,北杜市北部の旧村域。八ヶ岳の南斜面にある。 1889年西井出村と谷戸村が合体して大泉村が成立。地名は両村の境にある大湧水にちなむ。 2004年明野村,須玉町,高根町,長坂町,白州町,武川村と合体して北杜市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おおいずみ【大泉】

岡山の日本酒。蔵元の「永山酒造」は昭和12年(1937)創業。所在地は笠岡市中央町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大泉
おおいずみ

山梨県北西部、北巨摩(きたこま)郡にあった旧村名(大泉村(むら))。現在は北杜(ほくと)市の北部中央を占める一地区。2004年(平成16)須玉(すたま)町、高根(たかね)町、長坂(ながさか)町、白州(はくしゅう)町、明野(あけの)村、武川(むかわ)村と合併、市制施行して北杜市となる。旧村域は、八ヶ岳(やつがたけ)の南麓(なんろく)に位置し、集落は標高800~1200メートルにある。北境は赤岳に及ぶ。中央をJR小海(こうみ)線が走り甲斐(かい)大泉駅(標高1150メートル)がある。米作、養蚕を主体とする農村であったが、八ヶ岳山麓の観光地化とともに、高原野菜、花卉(かき)栽培、畜産へ転換されている。また、甲斐大泉駅付近は第二次世界大戦後に開拓地として開かれた所であるが、現在では観光施設や旅館が並ぶ。北部は八ヶ岳中信高原国定公園域。八ヶ岳公園道路が走り、別荘や宿泊施設などが増加している。金生(きんせい)遺跡(縄文時代)、谷戸(やと)城跡は国史跡。「美森(うつくしもり)の大ヤマツツジ」は国の天然記念物に指定されている。[横田忠夫]
『小池信繁編『大泉村史 概説・続編』(1948、1956・大泉村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大泉の関連キーワード八ヶ岳ジャーナル山梨県北杜市明野町浅尾大泉〈村〉小淵沢〈町〉山梨県北杜市小淵沢町山梨県北杜市須玉町小尾高根〈町〉山梨県北杜市高根町長澤長坂〈町〉山梨県北杜市長坂町富岡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大泉の関連情報