コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊津 ゆうしんUngjin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊津
ゆうしん
Ungjin

朝鮮古代三国の一つ百済首都名。現在の忠清南道公州にあった。百済の首都は周辺の諸国との勢力関係で数回変ったが,熊津は文周王が文周王1 (475) 年漢城から遷都してこの地を首都として以来,聖明王 16 (538) 年聖明王が所夫里 (扶余) に遷都するまで,およそ 60年間百済の首都であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の熊津の言及

【百済】より

…蓋鹵王の敗北は領主的貴族の連合体制を軽視したためで,王権の弱さを暴露したものである。
[第3期――宮廷貴族発生期]
 文周王を擁立して第2の百済を建設した木劦満致や祖弥桀取などは,熊津(現,忠清南道の公州)地方の勢力を代表するものであった。彼らが百済王を擁立した理由は,この地方の小国を統合して,高句麗に対抗するとともに,前代に築いた百済の国際的地位を利用して,中国文化の導入を図ろうとしたことにある。…

※「熊津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熊津の関連キーワード百済(くだら 朝鮮)コンジュ(公州)市扶余(大韓民国)五方・五部汶洲王武寧王都城址金憲章金憲昌蘇定方長寿王耽羅聖王泗沘